カンスイの雑記

ここは、カンスイが日々の雑記を気ままに綴り、時折ポケモン話や自分で描いたイラストを公開するマイペースなブログです。 イラストの方はポケモン獣人(ポケ獣)、ドラゴン、ポケモン等キャラクター系が中心です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年の巨人は・・・?

 ヤクルトファンで、お金に物を言わせる巨人が嫌いな私ですが、今年の巨人はあまりに弱く、流石にかわいそうに思えてしまいます。

 巨人は嫌いですが、大金をはたいてアンチ巨人が増えるよう演出し、春先から夏ごろまで首位争いをし、9月頃にけが人続出で首位争いから脱落・・・そんな巨人が好きでした。(アンチじゃ無かったの?

 ヤクルト以外のチーム内情報には全く疎いのですが、ちょっと巨人の内部事情について調べてみました。まず、決定しているのは今年オフの清原&ローズの退団。

 ローズはともかく、清原はあの成績で今年も残っていた方が不思議なのでは?と思い、さらに追求してみると、巨人サイドは去年で契約を切りたかったようなのですが、清原との契約内容に4年間本人の同意無しに契約を切る事が出来ない。と言う条件が盛り込まれており、泣く泣く切れなかったようです。

 続いて今年の契約が危ないのは桑田、そして江藤。桑田は今日現在で0勝8敗。流石に負けすぎだと思います。江藤はそれ以上に出る機会に恵まれていません。が、来年は大きな若返りを目標にしているフロントサイドからしてみれば、首を切りたいという気持ちは少なからずあるのではないでしょうか。

 ベテラン勢の今年の契約更改も気になるところですが、個人的にそれ以上に気になるのは阿部がファーストをやっていること。いつからファーストに転向したのでしょうか。詳しい事は分かりませんが、ここ最近からでは無いかと思います。疲労や怪我が原因かと思いましたが、原因は単調なリードにあったようです。ID野球の野村監督にみっちりとしごかれ成長した古田。球界を代表する左腕工藤に育てられた城島。やはり、球界を代表するような捕手は、投手や監督に育てられてこそ生まれるものだと思います。

 来年の巨人は一体どうなってしまう事でしょうか。


個人的に、江藤や清原は年俸がいくら下がったとしても、楽天等の他球団でプレイして欲しいと思います。

対外試合。

 今日は某所の野球部と対外試合をしてきました。普段の試合は愛好会のメンバーを二つに分けての紅白戦ばかりなので対外試合は久しぶりです。

 とは言え、相手は部。こちらは愛好会なのでぼろ負けしないかと思いきや、蓋を開けてみればお互いの安打数の合計が4安打と言う非常に緊迫したゲームでした。

 私は6番左翼手で先発出場。7回まで1度も守備機会がありませんでした。
 打撃の方は、1打席目は2-3から3球ほどファールで粘ったものの、内角低め一杯のシュートで見逃し三振。あのコースはそう簡単には手が出るコースではありません・・・。
 2打席目はカウント1-3から相手の四球で出塁。今まで相手の投手を見てきた所、あまりクイックが得意ではなさそう&ランナーをそれ程警戒していないようだったので即二盗しました。二盗は見事に成功しました。その後、先輩のセカンドゴロを相手が後逸エラーしている間に先制のホームを踏みました。
 3打席目は最終回2-0で勝っていて、ノーアウト2塁でした。初球は真ん中低めのストレートを空振り。2球目はアウトローのカーブを見逃し。3球目は真ん中低めのフォークを振って3球三振でした・・・。

 試合は結局2-0で勝ちました。が、得点の全ては相手の四球とエラーで取ったもので、安打が絡みませんでした。勝つには勝ちましたが、自分はやはり部活レベルの力はないと痛感させられました。

 それにしても、炎天下の中だったのでかなり疲れましたし、焼けました。首の後ろが痛いです。高校球児はこんな中毎日試合を行い、いくつものドラマを作り上げるのですから、凄いと思いました。

 それにしても、炎天下でたいした打撃成績ではなくてもやはり野球は面白いです。パワプロのような野球ゲームも・・・ですが、やはり実際にプレイするのが一番です!


●1日1絵週間
さて、残すは今日と明日の2日の1日1絵週間です。

009.gif


 今日のイラストは、ザングースです。あまり良く描く方では無いのですが、描くようになってから愛着が湧くようになってきました。本当は子供っぽく描くつもりだったのですが、予想以上に大人びてしまいました。たぶん原因は目でしょう。
 こういうタイプでも良いとは思いますが。

 明日も頑張ります。

怖いくらいに絶好調。

 最後のバッターはインローに切れ込むスライダーで見逃し三振でした。

 そうです、今日は晴れたため草野球をやってきました。いつも通りチームを二つに分けるのですが、よりによって先輩の殆どが相手チームに組み込まれ、こちらは一年生だけで戦う事に・・・。

 最初は一番捕手でした。本当は一番中堅手で出たかったのですが、誰も捕手をやりたい人が居ないため、捕手で出場する事に。1回の表を0失点で切り抜けると、早速私の打席です。相手の投手は先輩で、このチームの中で2番目に上手いとされる先輩です。
 カーブとシンカー、そしてストレートのコンビネーションに手が出ず、ファーストゴロでした。

 こちらのチームのピッチャーも制球難で四球を出しつつも、長打を打たれず、要所をしっかりと押さえ、4回まで0失点。なお、それ以降に回ってきた私の打席は、サードフライでした。

 5回から、万を期してマウンドへ。肩の出来はそれ程ではないように感じましたが、今日はやたらと狙ったところへ行きました。スライダー、シュート共にほぼ狙い通りの場所へ行ってくれます。また、以前から練習していたナックルも、然程変化はしないものの、タイミングを外すのには有効に使えそうだと言う事が分かりました。

 始まってみると、最初のバッターはインローのスライダーで見逃し三振。次のバッターはアウトローのシュートで空振り三振。3人目のバッターはナックルで空振り三振でした。さらに、次の5回、ワンアウト1・3塁から私の打席に。打撃の方は不調でサードフライでした。が、次のバッターがヒットを打ってくれ、1-0で勝ち越しに成功。

 6回も調子よく、スライダーとシュートで三振を築きました。この回も3者三振で6者連続三振です。しかも、それ以上に四球無しと言う事が非常に珍しいです。普段はかなり四球を出す方なので・・・。(汗

 最終回7回は、アウトコースに入るスライダーを狙われ、先頭バッターにサード前内野安打を許してしまいました。が、次のバッターを注文どおりシュートで併殺打にしとめると、最後のバッターはアウトハイのストレートで空振り三振。3回を投げ、被安打1、奪三振7と言う非常に良い出来でした。もう、笑いが止まりません。

 今度野球をやるときも、これくらい調子が良いと良いのですが・・・。

先駆者の200勝。

 大リーグの野茂英雄投手が、200勝を達成したようです。

 大リーグの先駆者として、私が小学生の頃から大リーグに渡ってプレイをしていた野茂投手。199勝と迫りながらもあと1勝がなかなか上げられずに、見ているこちらもじれったい思いで待っていました。

 独特の捻るフォーム、トルネード投法で筋骨隆々のアメリカやキューバのバッターを伝家宝刀のフォークでどんどん三振に切る野茂は日本の至宝と言っても間違いは無いでしょう。

 今でこそ当たり前になった大リーグへのポスティングシステムですが、これらは野茂が大リーグへ旅立った際には一切無く、それ以降野茂達によって出来たものといっても過言ではありません。
 さらに、それだけでなく、未来のプロ野球や大リーグ選手の育成のためのクラブチームを持ち、彼ほど日米野球に貢献した選手は居ないのではないでしょうか?

 これからも、孤高のトルネードとして全米、そして日本を沸かせて欲しいと願ってやみません。


 また、大リーグのイチローが大リーグ3位の記録で日米通産2000本安打を達成しました。イチローの凄さに改めて驚かされると共に、日米で色々と差が有れど、イチローよりさらに早く2000本安打を達成した人が二人も居るものだと驚かされます。
 彼自身、最近は不調のようですが、これから復調して欲しいと思います。


 高津、長谷川、井口、大家、田口、ダブル松井や、中村等数多くの日本人選手が大リーグで頑張っています。
 彼らを応援しつつ、日本のプロ野球の発展も願っています。

決して早くない足で稼ぐ。

 さて、今日は水曜なので、いつも通り草野球をやる事に。
 が、集まった人数は16人。僅かに2チーム作れないと言う事態になりました。今日はいつも以上に補習や追試が多かったみたいです。(´д`;)

 仕方が無いので、守備時に空きの出る場所を攻撃側のチームが補う事に。普段投手をやる先輩が誰も居ないので、先発は私です。

 立ち上がりは不安定で、2つの四球と死球であっと言う間に無死満塁。そこからピッチャーゴロの併殺打と三振で切り抜けました。2,3,4回と毎回ランナーを背負いながらも、無失点ピッチング。

 それにしても、毎回初回は満塁にしている気がします・・・。orz

 そして、5回に凄い事が。

最初のバッターはカウント1-2からセンターフライ。
次のバッターもカウント1-2からセンターフライ。
3人目のバッターもカウント1-2からセンターフライ。

 何と、3人とも同じカウントからセンターフライと言う珍しい事態に。Σ(゚ω゚ ;)
 ちなみに、打たれた球は全て高めだったものの、球種は全て違いました。

 打撃の方は1打席目はセンター右の安打。その後、盗塁し、盗塁成功。2打席目はボテボテの当たりがファーストとセカンドの間に転がり、内野安打。そして、また盗塁。しかも、先輩の指示で三盗までする事に・・・。それで成功するのが驚きです。

 多分相手の捕手は先輩で肩が強いですが、投手が同い年の投手で、さらにクイックが苦手な事が原因でしょう。

 三打席目はこれまたボテボテのサードゴロ。走って走って、内野安打にしました。流石にその後は盗塁しませんでしたが。(苦笑)

 正直、最初のヒット以外は納得できる当たりではなかったのですが、先輩が言うには、「ボテボテの内野安打でも、ポテンヒットでも、ヒットになるなら全然OK!」だそうで。逆に「良い当たりでも野手の真正面ばかりをつくときはダメ。」らしいです。

 今日は短距離走が苦手なのに沢山短距離を走ったので、足がパンパンです。明日は筋肉痛になるでしょう。orz


▽TTRのWeb拍手返信
7日0時頃:絵茶にいついる?と素朴な疑問
>絵チャには気分で入るので、時間はあまり決まっていません。
土曜日の夜は実家に帰っていなければ居る可能性が高いですよ。
時間を指定して頂ければ、こちらで調整しますよ~。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。