カンスイの雑記

ここは、カンスイが日々の雑記を気ままに綴り、時折ポケモン話や自分で描いたイラストを公開するマイペースなブログです。 イラストの方はポケモン獣人(ポケ獣)、ドラゴン、ポケモン等キャラクター系が中心です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰還しました。

 台風に向かっていったはずが、帰還してみると関東が台風に襲われていました。

 と言うことで、今回も色々とあった旅でしたが、無事帰還することが出来ました。

 山陽地方と九州地方の某所へそれぞれ釣りへ行っていたのですが、昨晩あたりから急に増水し始め、釣りどころではなくなったので、「もしや上流の方で台風による雨が・・・。」と思い引き返してきました。が、どうやら台風などとは一切関係なく、ただ単に夕立かそれともダムの放水か何かで増水しただけだったようです。

 釣りの方は絶好調でした。2日間でメインに狙っているタナゴだけで数百匹も釣り上げる絶好調ぶり。外道でかかってきたオイカワやカワムツ、フナ、モツゴなどを含めると相当数を釣りあげた物と思われます。(もちろん、2日間ほぼ丸々釣りに費やして・・・ですが。)

 関東では、熟練のタナゴ釣り師の方ならともかく、未熟な若造の私でこんなに釣れる事はまずありません。入れるとすぐかかるという入れ食いぶりで、本当に面白かったです。

 なお、釣れるタナゴは山陽の某所では、中型のヤリタナゴが殆ど。稀に型の良いシロヒレタビラがかかる程度でした。シロヒレタビラは若干婚姻色が出ていましたが、ヤリタナゴは殆ど出ておらず、パッと見ただけではタナゴに見えないような状況でした。なお、地元の人によると、以前はカネヒラが多かったようですが、関東で良く売れるとの事で乱獲が進み、最近ではあまり見なくなったとの事でした。趣味で楽しむ程度に持って帰る程度ならともかく、取りつくしてしまう様な行為は避けて欲しいですね。

 九州の某所では、釣れるタナゴの多くはアブラボテでした。今年生まれたと思われる2センチ程度の物から、カネヒラくらいある10センチ近くはある巨大アブラボテまで、大きさは様々でしたが、本当にアブラボテメインでした。オスは婚姻色が出ていて非常に綺麗でした。アブラボテ以外には、イチモンジタナゴとヤリタナゴ、ニッポンバラタナゴが釣れました。イチモンジタナゴとニッポンバラタナゴは婚姻色が出ていて、3センチくらいの小ささでしたが、非常に綺麗でした。ヤリタナゴは婚姻色こそあまり出ていないものの、こちらは山陽某所で釣れた物と違い、非常に大きいのが特徴でした。どれも10センチ近くあるような見事なヤリタナゴばかりでした。また、この場所では綺麗なピンク色に色づいた見事なカネヒラが10匹程度の群れになって壁周りの藻を食んでいて、1匹でも良いので釣れないかと狙ってみましたが、結局1匹も連れませんでした。水の透明度が高いため、こちらからカネヒラは丸見えでしたが、あちらからも餌やウキが丸見えだったようです。警戒心の弱いアブラボテはそれでも入れ食い状態でしたが、カネヒラではそうは行きませんでした。

 やはり南の地方には自然がよく残されていると思います。最近は乱獲などが多いようですが、これから先もこの自然が残ってくれると良いと思いました。



012.gif

 家に戻ってきて、絵が描きたくなったために描いたイラスト。イラストオフ以降、イラストから離れていたので久しぶりのイラストになりました。時間はかかりましたが、ちまちま描いていて楽しかったです。
 とは言え、終わってみると描いていた時より全体的にサッパリしている雰囲気があります。イメージとしてはもっと色々と詰め込んで描いたような気がしたのですが・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tailtoreason.blog11.fc2.com/tb.php/94-37c4f2fa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。