カンスイの雑記

ここは、カンスイが日々の雑記を気ままに綴り、時折ポケモン話や自分で描いたイラストを公開するマイペースなブログです。 イラストの方はポケモン獣人(ポケ獣)、ドラゴン、ポケモン等キャラクター系が中心です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福知山線運転再開だが・・・。

 もう発生から2ヶ月以上になるだろうか。
 近年稀に見る大惨事となってしまった福知山線の事故である。


 多くの人が亡くなった。どんなにJR西日本が反省しようと死者がよみがえる事は無い。しかし、このような事故を二度と起こさないよう、最大限の努力をして欲しいものである。


 さて、話は変わるが、あの事故、原因は一体なんであろうか。

 運転手の腕の低さ。
 日勤教育と言う名の拷問。
 スピードを求めるJR西日本の社風。
 新型ATSの導入の遅れ。
 電車自体の強度の低さ。

 どれも当てはまるだろう。複雑な原因が重なってこの事件が起こってしまった。
 しかし、ちょっと待って欲しい。メディアは西日本のあり方ばかりを取り上げている。が、自分の事を考えてみて欲しい。

 列車が遅れると、駅員に文句をつけたくなっていないか。
 電車に過度の速達制、そして正確性を求めていないか。

 基本的に、どんなにJR西日本が努力しても、結局社風と言うのは使用する人間側の意見が強く取り入れられる。そうでないと、会社自身が潰れてしまうからだ。
 だから、私は使用する側が、「もっと早く!もっと正確に!」と声高に叫ぶ限り、この手の事故はまた発生してしまうのではないかと危惧してやまない。

 結局、運転士は多くの命を預かっているが、同時に多くの人からプレッシャーを受けているのである。
「命は守ってくれ。だが、定刻に、そして一分でも早く到着出来るようにしろ。」と。

 だからと言って、日勤教育を課し、新型ATSの導入を遅らせたJR西日本を擁護するつもりは毛頭無い。
 だがしかし、JR西日本の態度だけではなく、自分たちの態度も改めるべきではないか。私はそう思う。
 何度も言うように、「二度とこんな事件を起こして欲しくない!」と声高に叫んでいるにも関わらず、同時に電車が遅れると「遅れたせいで、間に合わなかったじゃない!」等と言っている限り、この手の事故は再発する。私はそう思う。


 また、ボーリング大会を事故後に続けていたと言うJR西日本だが、これに憤慨したという人は多いだろう。
 しかし、実際彼らは上からの指示を待っていたのである。
 つまり、自分で考えて行動できない人間が社会に出回っているのである。
 誰かから、何かを言われないと行動出来ない。そんな受身人間が。少なくとも、この記事を読んだ何人かは、「そんな人、居るなぁ。」と思っている事だろう。
 だが、これからこう言う人たちはもっと増えるだろう。

 二度とこう言う事を起こさないためにはどうしたら良いか。これはもはやJR西日本だけの問題ではない。日本という国の問題なのだ。

 最後に、福知山線の事故で亡くなった方々のご冥福をお祈りすると共に、二度とこのような事故が起こらないよう、JR西日本だけでなく、地域、そして社会全体の努力がある事を祈るばかりである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tailtoreason.blog11.fc2.com/tb.php/31-d8c6ec75
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。