カンスイの雑記

ここは、カンスイが日々の雑記を気ままに綴り、時折ポケモン話や自分で描いたイラストを公開するマイペースなブログです。 イラストの方はポケモン獣人(ポケ獣)、ドラゴン、ポケモン等キャラクター系が中心です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道オフレポート【25日】

▼12/25レポート

 25日は北海道への出発の日。
 仙台の乗り継ぎの悪さのせいで、関東某所より5時台の初電にて出発。旅の出発駅の上野へ。

 上野にて快速黒磯行きに乗車。車内は空いていたので、ボックスシートを占領・・・と思いきや、向かいにハゲたおじさんが。何かしら嫌な予感がしたのですが、その予感は見事に当たりました。

 赤羽を過ぎた頃でしょうか。持っていたカバンからお酒のビンとおつまみを取り出すと、1人酒盛りを始めました
お陰で、私の朝のモーニングコーヒーとトーストの香ばしい残り香などいずこへやら。そこらじゅう一体がお酒とおつまみの匂いに。しかも、酔ってきたのか、大宮を過ぎた辺りから何やら訳のわからない事を私に話しかけてきました。

 仕方が無いので、別の車両に移りました。その後、そのおじさんがどうなったかは知りません。

 宇都宮で乗り換え。今度は黒磯へ。
 途中の矢板から雪が残っていて、寒さを感じさせます。黒磯で郡山行きへ乗り換え。郡山まで来ると、雪は5cmくらい積もっていて、乗り換えの為に外へ出ると、寒さが肌を刺します。

 郡山からは、福島行きに乗り換えます。
 ウンザリする程の乗り換え三昧。

一度でもミスすると、北海道への道が絶たれます。

 そんな中、福島から乗った白石行きでちょっとしたアクシデントが。丁度昼を過ぎ、旅行へ行く・・・と言う緊張感が薄れてきたため、居眠りを。肩を叩かれ、目を覚ましてみると、 「キミ、終点だよ。」と、駅員でもないおじいさんに声をかけられていました。

 慌てて見回すと既に人っ子1人居ません。
 3分乗り継ぎの電車を乗れなかった!と思いきや、隣のホームにまだ電車がいます。が、慌てて電車を飛び降りると、発車ベル。
 電車は、隣のホームとはいえ、向かい側・・・ではなく、階段を登って降りた先です。

「ま、待ってー!!」

と、階段を駆け上がりながら叫ぶと、電車は待っていてくれました。
ホッとして、席に腰を下ろすと、待っていてくれた車掌さんからプレゼント。


「駆け込み乗車は、扉に挟まれるなど、事故に繋がる危険がありますので、おやめください。」


 なんと、車掌さんからアナウンスでツッコミを食らいました。
 都内ならともかく、人の乗降が少なく、列車本数の少ない所で言われるという事は、確実に私へのツッコミでしょう。(苦笑)
でも、そう言われて恥ずかしい事より、待ってくれた事に感謝しました。たった一本でも乗り過ごすと、雪国で野宿ですから。


 仙台で軽い昼食を食べると、今度は一ノ関行きへ。
 この車内でも寝てしまいましたが、乗降時間が長いので一ノ関の手前で起きました。が、晴れていた仙台と違い、厚い雲が空に立ち込めています。そして、一ノ関で待っていた電車は雪まみれ。乗り換えた電車が出発すると、最近NHKドラマにて有名になった平泉駅にて、雪が降り始めました。

 平泉駅でちらほらと降っていた雪は、どんどんと厳しさを増し、北上駅にて猛烈な吹雪に。30メートル先も見えません。また、嫌な予感が的中し、

「吹雪のため、徐行運転します。」

との事。盛岡での八戸行きへの7分乗換えが出来ないと、危険な日本海側ルートを通る事になってしまいます。

 そして、嫌な事は続く訳で、普通なら電車が遅れると待ってくれるのですが、盛岡駅手前の車掌アナウンスにて、

「この列車は、9分遅れて盛岡へ到着します。お忙しいところ、遅れまして大変ご迷惑をおかけしました。(中略)IGRいわて銀河鉄道線の電車は、次の17時30分発の電車をご利用ください。」

 との事。17:03の電車に乗れなくても、17:47の日本海側を回っていくルートがありますが、それに乗ると青森の乗換えが6分と厳しくなります。しかし、IGR線が雪で遅れている可能性もあり、一応ダッシュで乗換えを決行。多分、ホームはもぬけの殻・・・かと思いきや、電車は止まっていました。が、ドアが閉まり発車直前。むしろ、改札に駆け込むときに発車していました。

「ま、待ってー!!!(二回目」

 と叫ぶと、駅員さんが「まだ乗客が居る!」と車掌に合図し、動き始めた電車をホームで止めてくれました。

 なんと、ありがたいことでしょう。
 その駅員さんに後光がさしてみえました。


 ただ、その後の車内アナウンスにて、本来の出発時刻が遅れていたのは、雪のためではなく、盛岡駅で信号故障したため・・・らしいです。信号故障で5分遅れた為、間に合った訳です。もし、信号故障が無いorもっと短い時間で直っていたら、乗り継ぎは失敗していました。

 その後、八戸での乗り換えは普通に上手く行き、青森には定刻に到着。が、何やら改札の辺りが騒がしい。何だろう・・・と思ったら、羽越本線で脱線事故が起き、列車が運転を見合わせている・・・との事。結局、そのまま青森発の夜行急行「はまなす」に乗ることになりました。もし、盛岡駅で乗り継ぎが上手く行かなかった時に乗ろうと思っていた、羽越本線周りの列車は結局来ず・・・。

 ただ、普段は行列が出来、乗れない人も出るくらい満席な夜行列車の自由席ですが、今日は15人弱と物凄く少なめ・・・。流石にクリスマスに旅行をする人は居ないだろう・・・と思ったのですが、鉄道関連の情報に長けた友人からのメールだと、羽越本線の運転中止、東北本線、IGR銀河鉄道の遅延により昨日は、「はまなす」へたどり着けなかった人が殆どだったらしいです。

 この話をその友人に話したら「嘘だ!嘘だろう!」と言われてしまいました。(苦笑)
でも、本当です。

 本当に、偶然に偶然が重なって、何とか真冬野宿は避けられました。
偶然は重なるときには、本当に重なるものですねぇ。(苦笑)

 こうして、25日は無事(?)青函トンネルを抜け、北海道へ上陸しました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tailtoreason.blog11.fc2.com/tb.php/203-5ad28645
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。