カンスイの雑記

ここは、カンスイが日々の雑記を気ままに綴り、時折ポケモン話や自分で描いたイラストを公開するマイペースなブログです。 イラストの方はポケモン獣人(ポケ獣)、ドラゴン、ポケモン等キャラクター系が中心です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

注意の仕方は・・・。

 最近良くある、注意すると逆切れする若者たち。
 注意したいけど、ナイフでも持っていて刺されたら嫌だなぁ・・・と思った事のある人、居ませんか?

 心理学で面白いデータがあります。
 「自分調」と「貴方調」と言う二つの違いについての事です。

 今、殆どの人は「『自分調』と『貴方調』って何だろう。」と思った事でしょう。簡単に言うと、自分を主体としてみるか、相手を主体として見るかの違いです。

 これを利用して、相手を注意すると面白いデータが取れます。
 電車のドアの前に座り込んでいる高校生を注意する時を例にとって見てみましょう。

 まずは前者の自分調を使って相手に注意してみましょう。
 自分を主体として見るので、注意の仕方としては

「邪魔ですから、そこをどいてください。」

のような言い方になるでしょう。
続いて、後者の貴方調を使って注意してみましょう。
相手の行為を主体としてみるので、

「貴方がそこに座っていると私は出られないのですが。」

等という言い方になるはずです。
どちらも内容的には「そこをどけ。」と言う内容の事を言っています。しかし、これらの台詞を言って、言われた側が攻撃する確率が大きく違います。

 前者の自分調の言い方をする時に比べて、後者の貴方調の言い方をすると、攻撃される確率が1/30程に落ちます。
 何故ここまで差が出るのでしょうか?

 それは、テリトリーを例にとって挙げてみると分かります。
 前者の言い方は、注意する側が座っている側ののテリトリーに入って注意するため、相手は先に攻撃をしてきた⇒反撃に出ても良いと認識します。
 しかし、後者の言い方は、注意する側のテリトリーに座っている側が侵入していますよ。と言う事を伝えているため、座っている側は反撃に出る事が出来ません。

 普通は、「すみません。」等と退く物なのですが、最近は後者で注意すると反論されます。その反論は

「それで?」「だから?」

等です。つまり、座っている側は自分が悪い事を突きつけられると、相手に攻撃する口実が無いため、流石に攻撃できません。そこで、「それで?」「だから?」等と言って、「だから、邪魔だと言っているだろう?」等と相手が自分のテリトリーに入ってくるように仕向けるのです。

 彼らのテリトリーに侵入すれば、彼らなりの(間違った)正当防衛で彼らは反撃してきます。それが逆切れとなって、暴力に繋がるのです。
 つまり、こちらからすれば、「相手が勝手に切れて襲ってきた」となりますが、切れた側からすれば、相手が自分のテリトリーに踏み込んできたので殴ったと言う事になるのです。
 ですから、注意する時は直接注意するのではなく、間接的に相手の悪い所を気付かせてやる必要があります。

 とは言え、これには欠点があります。それは、どうしても直接的にいえないため、回りくどくなってしまい、嫌味に聞こえてしまうと言う事です。

 とりあえず、長々と綴ってみましたが、こういう方法もあると言う事です。必ず殴られないとは限りませんが、回りくどく言う事によって、殴られる可能性は下げられます。さらに、もちろんこれは普通の喧嘩や討論でも使用できますので、機会があれば使ってみてはどうでしょうか?
スポンサーサイト

コメント

私から見ればストレートに言ってほしいと思いますけどね。
「貴方がそこに座っていると私は出られないのですが。」
こりゃ邪魔なんだなと思いますが、でもこれはこれで良いですね。
むしろ相手が罪悪感を持ってどいてくれるかもしれません、
でも嫌味にも感じますよね。「ようするに邪魔なんだから」
まぁ・・テリトリーとやらに入らないのが1番ですけどね。
なんかむしろ「はっきり言えや、コラ」(言葉悪くてすみません)
になりそうな気もします。私なりの方法は「通してください」お願い
するのが確実かなー、まぁ人それぞれかな。

とはいえ、逆切れする意味が分からなかったりします。(分かったり
もしますがね)「がまん」と言う事ができないんじゃないかと思いますね
感情に流されず、感情をいったん抑えて何が悪かったのか考える力
それが今少ないんですかね?ささいな事で切れてたら身体が持ちませんわ・・はは(苦笑)

  • 2005/06/10(金) 03:14:53 |
  • URL |
  • 大輝 #-
  • [ 編集 ]

どう注意されたら良いかは個人差があると思いますが、自分調と貴方調で攻撃される可能性が全然違うのはデータを見たとおりです。
もちろん、科学の実験のように何度も方法を変えてやったわけではないですので、完全に信じて良いデータとは言えないでしょうが、目安にはなると思います。

むしろ、最近キレるのは、がまんが出来ないのではなく、友達関係が希薄化していて、悩み等を全く相談できない状態になっているからだと私は思います。もちろん、親の問題や社会の問題など、複雑に絡み合っているのでしょうが・・・。

  • 2005/06/10(金) 22:08:18 |
  • URL |
  • カンスイ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tailtoreason.blog11.fc2.com/tb.php/20-d9d21dd8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。