カンスイの雑記

ここは、カンスイが日々の雑記を気ままに綴り、時折ポケモン話や自分で描いたイラストを公開するマイペースなブログです。 イラストの方はポケモン獣人(ポケ獣)、ドラゴン、ポケモン等キャラクター系が中心です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そりゃないですよ・・・。

 さて、今日は同じ学校内の野球愛好会との試合・・・と言う事で、行ってきました。

試合にも出ました。

6回からの途中出場でしたが。


 先に結果を言ってしまいますと・・・

1犠打1三振。


物凄く不満です。



 いきさつを話しましょう。
 今日は、先輩の数が多く、相手が愛好会と言う事もあり、本気のメンバーでスタメンを組まず、普段ベンチの先輩メインのオーダーを組むことになったため、当然ベンチスタート。
 暇なのでずっとベンチの後ろでキャッチボールをしていました。

 迎えた6回表。3-3と同点でノーアウトランナー1・2塁。

 ついに代打で出る事になりました。


 こちらとしては、1点でも欲しい状態。
もちろん、バントのサインが出ます。

 が、相手投手はランナーを背負っている上、私がバントの構えをしているので動揺したのか、3球続けてボール球でカウント0-3。


 流石にカウント0-3では、1球様子を見ろということで、見逃しのサインが出ます。ここでストライクを取られ、カウント1-3。

次はバントのサインが出ると思ったのですが

見逃しのサイン。


 当然サインに従うとまたもやストライクでフルカウント。

 フルカウントから、バントのサインは出ないだろう・・・と思っていました。

が、出てしまいました。

バントのサイン。


 バントなど殆どやった事が無い野球経験の薄い私にこの状態でバントのサインが出るとは思いもしませんでした・・・。


 バント失敗が怖いので、ボール球を投げてくれ・・・と思ったのですが、こう言う時に限ってストライク球。

何とかバントを決めるとセカンド前へ。
もちろん、内野安打を狙って鈍足を飛ばします。


ベースに近づいてくると・・・
何とファーストの足がベースから離れていました。

出塁出来るぞ!

 タイミングは微妙でしたが、
(ファーストの足が離れているのでセーフだろう。)
と思い、駆け抜けると

「アウト!!」


Σ( ̄□ ̄;)!?


「ちょ、ファーストの足が離れていましたって!」
と講義する私。が、

「タイミングは微妙だったが、アウトっぽい。」
と譲りません。



(っぽいって、何ですか!)と思いつつ、まぁ、犠打なら・・・としぶしぶベンチに戻りました。
その回に1点を加え、回が終わったあとに、再び聞きに行くと(審判は自チームのメンバーがやっていたので・・・。)・・・


「ああ、実は良く見てなかったんだよね。」

OTL
審判がちゃんと見てないってどう言う事ですか・・・と怒りを通り越して呆れつつ、気持ちを切り替えないと・・・と守備に向かいました。


 2回目の打席は4-3で勝っている次の回に回ってきました。しかも・・・、

二死満塁。


 これは投手を楽にする為に一本打っとかないと!と打席へ向かいます。

相手の投手は疲れているようでしたが、簡単にツーストライクに追い込まれてしまいます

が、カットをしつつボールを良く見て、カウント2-3。



 投手が9球目を投げます。


「ストレート、だが低い。

これはフォアボールだ。」

 と自信満々で見送って一塁へ走り出す私。


「ストライク!バッターアウト!!」


Σ( ̄□ ̄;)!?(二度目


 ベースよりは後ろでしたが、
キャッチャーの手前でワンバウンドした、


それもフォークやカーブのように

落ちる変化球でもないのにストライク!?


不満を主審をやる先輩にぶつける私。

すると、
「悪い・・・。
相手キャッチャーに釣られて言っちまった・・・。


あれはボールだな・・・。」

と誤審を認めたものの、

「相手チームがベンチに引き上げてる事だし、勘弁してくれ・・・。」

と一言。


OTL


アハハ・・・。

1安打or1犠打失策で出塁&1四球が、
1犠打1三振になってしまいましたよ・・・。


出塁率0割・・・。orz



審判を信じられなくなって、誰を信じて野球をやれば良いんですか・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tailtoreason.blog11.fc2.com/tb.php/158-5a19e7f8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。