カンスイの雑記

ここは、カンスイが日々の雑記を気ままに綴り、時折ポケモン話や自分で描いたイラストを公開するマイペースなブログです。 イラストの方はポケモン獣人(ポケ獣)、ドラゴン、ポケモン等キャラクター系が中心です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運なし。

金曜日が休みになってしまいました!

毎週3連休です!


何の事でしょうか?実は、大学の授業の事です。

・・・と言っても大学が休みになった訳ではありません。
私の金曜日の授業が一つも無くなったためなのです。

金曜日が休みで毎回3連休。普通の人なら喜ぶ所かも知れません。
が、一週間に9回しか授業が無いという事は明らかにおかしいことです。


授業数が少ないと、貰える単位が少ない。

単位が少ないとこれ以降の授業に余裕が無くなる。

来年以降が余計に忙しくなる。


ということです。


さて、では何故こんな事が起こるのでしょうか。

 私の通っている大学だと、その前期後期の一番始めの授業の日に受けたい授業を選んで受けに行きます。
が、学生さんは皆自分で受けたい授業を受けに行きます。すると、当然人気のある授業と、不人気の授業が出てきます。
もちろん人気のある授業は部屋の容量の関係で全員受けられなくなります。
生徒を立たせたまま授業をやるわけには行かないので、その授業の行われる部屋の座席数より多い人がカットされるわけです。

カットする場合は、抽選になり、抽選で外れるとその期間中(前期or後期)の間はその授業を受ける事が出来なくなります。
もし、抽選で落ちたら他の人気の無い授業に移るか、その時間の授業を諦める事になります。


その抽選にことごとく落ちました。


 本当は、一週間で13回の授業を取るつもり(実際は、必修科目という物があるので、全ての科目に抽選があるわけではない。)が、6つの授業で抽選になってしまいました。





 そこで、持ち前の運の悪さが発揮されます。
 なんと、6回の抽選のうち、抽選に当たったのが1回だけ。


残り5回全て抽選漏れしました。


結果、一週間の授業数は9つに・・・。


本当は金曜も2つ授業が入る予定だったのですが、
どっちも抽選に落ちました。orz



 抽選と言っても、大学側も今までの傾向から、人気のある授業ほど大きな教室に割り当てたり、授業の数自体は、受講する生徒以上のぶんあるので、倍率は非常に低いです。

 倍率は、普通1.2~1.5倍程度。
 稀に2倍以上があるかな・・・と言った感じです。


 今回、6回の抽選のうち、1回は定員80人に220人で、倍率約3倍と言う超人気授業だったので、落ちても仕方が無いと思いました。
(結果は当然落ちた)

 が、他の授業はせいぜい1.5倍どまりで、100人の教室に120人や、80人の教室に100人等、1.2倍程度と言う倍率でした。

それで、
5つも落ちる私は、
本当に運が無い

としか言いようがありません・・・。


 それにしても、許せないのは、某K教授の授業。
140人の授業で、集まったのは152人。12人が落ちる訳ですが、これに見事に落ちました。

が、よくよく考えてみてください。
毎回全ての人が出席するわけでもなく、100人教室で105人等と言う場合は、後ろに臨時で椅子を置き対処しているのですから、12人位何とかなるのでは?と思えてなりません。

結局は、負け犬の遠吠えかもしれませんが・・・。



何故13の授業に5つ落ちて9つの授業なの?

と思う方が居るかもしれません。
これは、金曜日の4時間目の授業を2回抽選し、2回とも落ちたからです。
抽選に落ちても、別の授業を受ける事が出来るのですが、移った先でもう一度抽選になると言うこともあります。(実際は、1回の抽選で終わってしまい、移ったときには既に抽選が終わっているため、一つの時間に2回抽選を受けられる事は少ない。)


もちろん、抽選落ちしてしまった授業で、他の人気の無い授業に移ってまでも単位をとるという手段も出来るのですが・・・。

○○市の歴史など知っても仕方がありませんし、経営学には興味が無いですし、音楽をやるなどもってのほか。受けても良さそうな授業を、必死に探しましたが、

抽選漏れには厳しいご時世でした。



来年は抽選に落ちないようにがんばらないと!



そもそも、この制度、どうにかなりませんかねぇ・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tailtoreason.blog11.fc2.com/tb.php/138-fba84aac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。