カンスイの雑記

ここは、カンスイが日々の雑記を気ままに綴り、時折ポケモン話や自分で描いたイラストを公開するマイペースなブログです。 イラストの方はポケモン獣人(ポケ獣)、ドラゴン、ポケモン等キャラクター系が中心です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米語?英語?

今日、英語の授業中にふと思ったのは、

「英語」

と言う授業にも関わらず、何故

「学んでいるのは米語」

なのか。

と言う事でした。


「英語も、米語も同じじゃん!」
と言う人も居ますが、個人的には何故か妙に気になりました。

あまりに気になりすぎて、
授業に身が入らなくなったくらいです。


文法的な違いはあまりありませんが、発音的な違い、意味の違いは結構多く見受けられます。

発音の違いで、一番代表的なのは、
「Often」
でしょうか。普通の人が習う米語では、


「オッフン」
と発音するでしょう。が、正確な英語では
「オフテン」
と発音するのです。(元々発音をカタカナで表す事自体無理があるので、出来ればネイティブスピーカーの方に聞いてみてください。)

意味的な違いならば、
「homely」
でしょうか。英語では、

「家庭的な」
と言う意味ですが、米語では
「ダサい」
と言う意味になります。

英語圏の相手が何か料理でも作ってきた時に、
「You are homely.」(あなたは家庭的なんだね。)

と褒めたつもりが、相手が米国人で、「あなた、ダサいね。」と受け取ってしまったら、相手はさぞかし怒ることでしょう。


このような違いは、教わらないと分かりませんが、探してみると結構多いです。さらに、言い回しも英語の方が米語より丁寧な言い方をします。



 ちなみに、この「英語」と「米語」、どちらを教わるかは国によってマチマチのようです。

 たとえば、アジア圏なら、韓国や日本では「米語」、インドや中国では「英語」を教わるようです。

 どうやら、歴史的な背景が強いようで・・・。


 先生に聞いてみましたが、何故米語と言うのかは分からない。との事でした。
が、英語自身に「米語」と言う意味の単語が無いためではないか。と言っていました。


 なるほど、確かに、英語は「English」ですが、米語は「American English」です。どうせ、どちらにも「English」がつくなら、「英語」で良いじゃないか。と言う事なのでしょう。


ちなみに、来週米語の小テストがあるんでした・・・。
英語と米語の違いなんて気にしている場合ではありませんでした・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tailtoreason.blog11.fc2.com/tb.php/137-26f26d22
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。