カンスイの雑記

ここは、カンスイが日々の雑記を気ままに綴り、時折ポケモン話や自分で描いたイラストを公開するマイペースなブログです。 イラストの方はポケモン獣人(ポケ獣)、ドラゴン、ポケモン等キャラクター系が中心です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これがゆとり教育か・・・。

 今日、ちょっとした理由で小学校の教科書を見る機会がありました。

 教授が最新の教科書と、丁度私達が使っていたくらいの教科書、そして、それよりもさらに古い教科書を持ってきたため、それぞれ中身を見たりする機会があったわけです。


まず一目で見て分かるのは、その厚さ。

最近の教科書は明らかに薄いです。



 確かに、昔の教科書より今の教科書は大きいですが、(昔のものがA5で今の物はB5?サイズは良く分かりません。)それにしても明らかに薄いです。

 ちょっと見ると何かのパンフレットと間違えそうなくらい薄いです。
特に理科の教科書。

 他にも、カバーの色が昔の教科書は割合地味なのですが、今の物は派手でした。(これはゆとり教育とは関係なさそうですね。



 さて、見た目をざっと見た所で、今度はパラパラと中身を見てみます。

 全般的に言えるのは、最近の教科書は只でさえ薄いのに、フォントが大きいと言う事でした。1.2~1.5倍くらいありそうです・・・。
フォントが大きいという事は、それだけ1ページに詰め込まれている情報量も少ないという事で・・・。
薄い上に、1ページの情報量も少ないと来れば、確かに学力のレベルは下がりますよ・・・。


学力低下は、

起きるべくして起こった結果


だと思ってしまいました。


 国語や社会は、情報こそ削られたものの、内容の難しさは同じくらいかな・・・と思っていました。
削減が酷いのは理科です。


 何と言いますか、

もう殆どイラストor図だらけです。

説明文など何処へやら。確かに、見る分には面白いかもしれませんが、これを使って勉強するのはかなり厳しいと思いました。

 イラストや図ばかりで、まともな説明文すらないような教科書、勉強しろと言われても、何を覚えたら良いのか分かりません。

 それ以前に、知識と言うのは「知りたい!」と言う興味の気持ちから来るわけで、仮にイラストや図を見て「これについて知りたい!」と思っても、そこにちゃんとした説明文が無ければ、興味は知識を得るためとして全く持って生かされません。


 本当にお国は何をやっているのでしょうか!


 法人化された大学は、何処の大学も必死にアピールし、どのような授業をすれば良いのか、どのような教材を使ったら良いのか、受ける側である、使う側である生徒にアンケートをとったりしているのに!



 お国のお偉いさんは、誰が使うのかも考えずに、自分の判断でどんどん内容を削除しているのでしょうか。せめて、その教科書を現場で使う先生や、実際に教科書を使って学ぶ生徒にアンケートをとったりしないのでしょうか?(私が知らないだけで、実際はしているのかもしれませんが。)



 自分達だけで適当に話を進めないで、子供にもしっかりと意見を聞いて欲しいと思う限りです。 
スポンサーサイト

コメント

こんばんは、お久しぶりに書き込みいたします。

どうやら理科に至っては大きく内容が削られているようです。
小学校の教科書だと、雑誌の別冊付録と言った具合ではないでしょうか?

自分が中学生のときの理科は、教科書の天体辺りやレーザー(?)に関する所、その他数箇所を勉強範囲外としていました。 小学生のときはまだ自分はゆとり教育では無かったので深くはいえませんが、中学の時点でゆとり教育に切り替わりまして、そのときから教科書が大きくなり、そして全てがフルカラー・絵が増えました。 なお、ゆとり教育以前も、英語の筆記体などはある年齢を境にまったく習わなくなっていますよね。 

ゆとり教育とか言ってますが、実際はゆとりが無いのが
現状だと思います。

  • 2005/10/12(水) 00:00:42 |
  • URL |
  • 優季 #F8FK8z9M
  • [ 編集 ]

どうも、こんばんは~。

確かに、小学校の教科書は本当に何かの雑誌の付録のようでした・・・。只でさえ、ずっと昔の教科書より、私が使っていた頃の教科書の方が薄いのに、それ以上に薄く、文字も大きくなって、どうするのか・・・と思いました。

筆記体、私は習いました。中学一年生の時の夏休みに、筆記体の書き取りの宿題をやらされた事を、辛かったので今でもしっかりと覚えています。その後は、テストや試験で不利になると言うことで、封印し書かなかったので、今では全く書けませんし、読めませんが。(駄

本当に勉強をしたい子にとって、ゆとり教育と言う物は邪魔なだけなんですよね・・・。勉強をする範囲が狭くなり、その狭くなった分は塾に多く通って取り戻さないといけない・・・。まさに、ゆとりを塾に取られているという状態です。
ゆとり教育がいい方向に働いているのは、遊びたい子が多く遊べるようになったくらいではないでしょうか。
土日を休みにすることで親とのコミュニケーションを・・・等と言っていましたが、結局学校で削られた分を教えてもらうために、塾に行くので殆ど変わっていないんですよね・・・。

これからどうなってしまうのでしょうか・・・。

そして、コメントありがとうございましたっ!

  • 2005/10/12(水) 22:46:48 |
  • URL |
  • カンスイ #18Jf6lTw
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tailtoreason.blog11.fc2.com/tb.php/135-1559c40b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。