カンスイの雑記

ここは、カンスイが日々の雑記を気ままに綴り、時折ポケモン話や自分で描いたイラストを公開するマイペースなブログです。 イラストの方はポケモン獣人(ポケ獣)、ドラゴン、ポケモン等キャラクター系が中心です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

複雑化している通信対戦。

 もう通信対戦をやらなくなって2年近く経ちます。私の通信対戦最盛期はエメラルドの発売する少し前くらいでした。

 そして、今日、今現在バリバリ対戦をやっている人と話す機会がありました。色々と対戦について話していましたが、何やら対戦にのめりこんでいた時期とはかなり違うような感じになっているようです。私がプレイしている当時は、雨乞い+すいすいキングドラや鈍いラグラージ、アンコールフーディンが流行っているような頃でした。

 が、最近はかなり顔ぶれが変わったようです。特に、ハピナス・カビゴンの2匹によって、特殊攻撃系のポケモンは大きく減り、どちらかと言うと打撃メインになったようです。そのせいか、以前のパーティーを見せた所、「カビ・ハピのどちらかでも出るとかなりまずいと思いますよ。」と言われてしまいました。この2匹の影響はかなり強いようです。

 流行のポケモンを聞いてみた所、以前と変わらずメタグロス、ボーマンダ、エアームド等、私の最盛期にも活躍していた名前は出てきましたが、ゲンガー、プテラ、サンダース、そして先に名の上がったハピナス、カビゴン等、当時は聞きもしなかった名前(むしろ、FRLG 
前なので使うことが出来なかった。)が多く聞かれました。

 戦法もほぼ弱点を突くだけ・・・と言う先読みだけが重要な以前とは変わったようでした。ほぼ全てのポケモンが身代わりを覚える事から、身代わりはかなり重要になったようです。そして、ハピナス・カビゴン等HPの高いポケモンが増えた事から、やどりぎのタネ、いたみわけも多くなったと聞きました。

 そして、何より自爆・大爆発。これらを持っているポケモンが出たら即疑え。と言うくらい増えました。もちろん、これを回避するために、守るやゲンガーを持つ人も増えたみたいです。

 いずれにせよ、かなり様変わりしてしまった通信対戦界を目の当たりにして、過去の通信対戦を懐かしく思う私でした。



 余談ですが、今年のフェスタでは、任天堂の取り締まりの成果もあってか、改造カートリッジで参加する人は減ったようです。(それでも居るらしいですが。)
 代わりに、倍速GBAと言う、GBAに2倍速でゲームをプレイできるように違法な改造を施し、タマゴの孵化時間の低減等をはかる人が増えたようです。特に、大会上位陣はそのGBAを持っていない人を探す方が難しい位だそうで・・・。

 任天堂さんもこう言った不届きな輩に頭を痛めているとは思いますが、健全な対戦環境を整えるためにも頑張って欲しいと思います。特にNDS版は独自通信網によって全国規模で対戦が出来るようになるらしいので・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tailtoreason.blog11.fc2.com/tb.php/103-1ebaab6a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。