カンスイの雑記

ここは、カンスイが日々の雑記を気ままに綴り、時折ポケモン話や自分で描いたイラストを公開するマイペースなブログです。 イラストの方はポケモン獣人(ポケ獣)、ドラゴン、ポケモン等キャラクター系が中心です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道オフレポート【27日】

▼12/27レポート

 27日、緊張のためか、それとも普段とは違う環境のためか、はたまた前日の移動中の多くを寝て過ごしてきたためか、早く起床。
 朝食をとった後、北海道内を移動し、狐六望さん宅へ。

 実は、狐六望さんには事前にオフで伺う・・・と言う連絡を取ろうと様々な手段で連絡を取ろうとしたのですが、結局取れず
 会えるかどうか分からないものの行ってみよう・・・と言うなんとも無謀な事を実行することになっていました。
 特に、年末年始は何処かへ出かける事が多いので、まさか・・・と言う事態だったらどうしようか・・・と言う感じでした。


 とりあえず、狐六望さん宅へ向かう前に前々から食べたいと思っていた、札幌の味噌ラーメンを食べに行きました。
 優季さんオススメのお店に行って食べたのですが、ショウガの味のする味噌味スープが美味しい!寒い北海道ならではの味で、体がほかほかと温まりました。


 そして、狐六望さん宅へ向かい、いよいよドッキリ実行
 家の前に車が置いてあるため、家族総出で何処かへ出かけている可能性はなさそうです。

 深呼吸をして、チャイムを押そうとします。
 優季さんは後ろでハラハラしながら見ています。


 って、あれ?表札が雪に埋もれてチャイムが押せない・・・。 と、思いきや、優季さんが二重玄関の内側にあるチャイムを教えてくれました。
 北海道は、表札の下にチャイムがある関東と違い、二重玄関の内側にチャイムがあることが多いようです。

「はーい。」

と中から狐六望さんのお母さんとおぼしき人の声。

「あの、カンスイと申しますが、狐六望さんいらっしゃいますか?」
(もちろん、実際はHNではなく、本名ですよ?)


 と返すと
「ちょっと待ってくださいね。」
との返事が。


 待ってくださいね=本人が居る

 との事なので、とりあえず一目会う事は出来る・・・と小さくガッツポーズ。とりあえず、上がってください・・・との事で、狐六望さん宅内へ。
しばらくして狐六望さんが上から降りてきますが、特に驚いた様子ではありませんでした。

 アレ・・・連絡は取っていないはず・・・と、あまり驚かない狐六望さんに少々困惑しつつも、その場で待ちます。と、部屋の片づけを終えて狐六望さんが戻ってきました。

 あ、あれ・・・?と目をこするような仕草。
 後で聞いたのですが、どうやら最初に降りてきたときは急いでいた&暗くてこちらの顔が良く見えなかったので私達が誰か分からなかったようです。

 「カ、カンスイさんと優季さん!?」
 と、私達が誰か分かって驚いている狐六望さんに、いきさつを説明します。
もし、この後用事があって会うだけだったら、ちょっと寂しいな・・・と思ったのですが、何もないとの事なので3人でのオフを開始。


 やはり、イラスト関連繋がりの3人なので、雑談をした後、イラスト合作をする事に。

 お題はイーブイ進化系初代3匹。
 つまり、シャワーズ、サンダース、ブースターです。誰がどれを描くかはあみだくじ。私がシャワーズ、狐六望さんがブースター、優季さんがサンダースに決まりました。

 最初に狐六望さんから描き始めるのですが、やはり上手いです。アタリ線も無く、すらすらと描いていく様は流石です。狐六望さんの描く様子を観察していると、あっという間に描きあがり、次は優季さんの番。
 優季さんもアタリ線無しにスラスラと描いていきます。優季さんは線が繊細で綺麗です。構図に色々と困っていたようですが、描き上げ、私の番。

 見ている時は特に何も感じなかったのですが、いざ紙が回ってくると二人の描いたイラストが大きく見えます
 他の人に比べると小さくイラストを描いている私は、注意して出来るだけ大きくイラストを描こうとしました。アタリ線をいつの2倍以上大きく取り、輪郭も二倍以上大きく描きました。


 ようやく仕上がってみると・・・ち、小さい・・・。orz
 他の2人の描いたイーブイズより一回り小さく・・・。実際はシャワーズが1.0mと、3匹の中では最も大きいはずなのですが、一番小さくなってしまいました。orz

 大きく描くのは苦手です・・・。


 途中でゲームタイムを挟んで、せっかくの機会なので・・・と言う事でもう一度合作をやる事に。
今度は自分の最も好きなポケモン、と言う事で今回はトップバッターになった私は、真っ先にスイクンを描きました。

 描き終わった後に優季さんにバトンタッチ。優季さんが続きを描き始めたのですが・・・楽しい時間は過ぎるのが早いもので、あっという間に時間切れ。優季さんが帰宅の時間になってしまいました。

 優季さんを見送った後は再びちょこちょことイラストを描いたのですが、何やら狐六望さんの体調があまり芳しくない・・・と言う事で、早めに切り上げ就寝しました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。