カンスイの雑記

ここは、カンスイが日々の雑記を気ままに綴り、時折ポケモン話や自分で描いたイラストを公開するマイペースなブログです。 イラストの方はポケモン獣人(ポケ獣)、ドラゴン、ポケモン等キャラクター系が中心です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この齢になっても。

 買い物の帰りに、いつも寄っている魚屋へと寄りました。

 ひっそりと店を構える小さな魚屋さんで、100円で半身が2切れ入っているさんまのフライと、80円で2切れ入っているタラのフライがお気に入りです。他にも、200円でパック一杯に入ったマグロの切り身等も良く買っています。良く行くため、お店を仕切っているおじさん、おばさんとも仲が良くなりました。

 間が長くなりましたが、いつも通り、魚屋へ寄るとおばさんと買い物客であろうおばさんが話をしていました。100円のフライを買って帰ろうとした所、おばさんの話に捕まってしまいました。(苦笑)

 「この子、えらいのよ~。いつもうちに来て、魚を買っていくのよ。」
「へぇ。えらいねぇ。何年生?」
「あ、1年です。」
「1年って、うちの子より一つ下ね。所で随分と納豆を一杯買ってきたわね。」
「いえ、今日は納豆が安かったので。」
「そのバナナはいくらだったんだい?」
「○○青果で50円と安かったので買いました。」
「買い物上手ねぇ。夕食も自分で用意してるんでしょ?」
「あ、はい。」
「今日は、そのフライと、何にするんだい?」
「いえ、フライは明日食パンに挟んでサンドイッチで食べようかと・・・。今日の夜はチキンステーキとカボチャの煮物、後は味噌汁です。」
「へぇ。献立は自分で考えてるんだねぇ。」
「うちの馬鹿息子とは大違いだわ。学校から帰ってきてもだらだらゲームやったり、ふらふらどっかに出かけたり。まともにご飯も食べないのよ。」






 この後、30分にわたって話をしていました。それにしても、もう良い歳にも関わらず、子供扱いでした。まるで、小学校低学年の時に、一人で買い物に行ったときのようです。(笑)
 大人の人から見れば、私くらいの年齢ではまだまだ子供なんでしょう。


 何だか、懐かしいような、まだまだ子ども扱いされてちょっと悔しいような不思議な気分でした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。