カンスイの雑記

ここは、カンスイが日々の雑記を気ままに綴り、時折ポケモン話や自分で描いたイラストを公開するマイペースなブログです。 イラストの方はポケモン獣人(ポケ獣)、ドラゴン、ポケモン等キャラクター系が中心です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マウンドが高いと・・・

投げにくいんです!
ボールが!


 今日も我が野球サークルは、野球をすべく、昼過ぎに集まりました。・・・が、どうにも集まりが悪いです。
何故だろう・・・と思ったのですが、どうやら学部イベントのある学部があるらしく、その学部の人は来れないとの事。

総計10人
と言う、1チームがようやく出来る程度の人数でした。
いつもの紅白戦どころか、まともに練習も出来ない状況でしたが、せっかく集まったなら何かしらやろう!と言う事で、グラウンドへと向かう事に。


 いつも使っているグラウンドとは違うグラウンドに移動し、アップをした後、練習をします。軽くキャッチボールをやった後に投球練習に移ったのですが、いつも以上にコントロールが定まらず大荒れ状態。

 状態はおかしくないのに何故・・・と思ったのですが、良く考えてみるとマウンドの高さがいつものグラウンドより高い事に気付きました。


どうりで投げにくいはずです。



ほんの数センチの違いですが
投手にとっては全然違うんですよっ!


投球練習を諦めて打撃練習に移ると・・・

快音連発でした。


 最近ボテボテのゴロを内野安打にする事はあっても、綺麗な当たりのヒットは無かったので、スッキリしました。


 快音連発して、体を動かして、ストレスを発散すると自然と気分もよくなり、今までずっと滞っていた某方へのイラストの仕上げも気分良く進んでいます。(現在進行形


 でも、最近魅力的な人様のキャラクターばかり描いているためか、自分のところの仔の描き方を忘れてしまったような気がしてなりません。(汗

 このイラストが仕上がったら少し描いてあげる事にします。
人様の所の仔も可愛いですが、自分の所の仔も可愛がってあげないといけないですからね~。


 それでは、ちょいと残り少しの色塗りを頑張ってきます~。




 そう言えば、昨日の37本のバナナですが、

今日一日で

1/3である12本を消化。


やっぱり、運動の前のバナナと運動の後のバナナって良いですねっ!
それぞれ6本も食べたのかって?そうですよ~。野球に行く前と帰ってきてからそれぞれ6本。

美味しかったです!
スポンサーサイト

そりゃないですよ・・・。

 さて、今日は同じ学校内の野球愛好会との試合・・・と言う事で、行ってきました。

試合にも出ました。

6回からの途中出場でしたが。


 先に結果を言ってしまいますと・・・

1犠打1三振。


物凄く不満です。



 いきさつを話しましょう。
 今日は、先輩の数が多く、相手が愛好会と言う事もあり、本気のメンバーでスタメンを組まず、普段ベンチの先輩メインのオーダーを組むことになったため、当然ベンチスタート。
 暇なのでずっとベンチの後ろでキャッチボールをしていました。

 迎えた6回表。3-3と同点でノーアウトランナー1・2塁。

 ついに代打で出る事になりました。


 こちらとしては、1点でも欲しい状態。
もちろん、バントのサインが出ます。

 が、相手投手はランナーを背負っている上、私がバントの構えをしているので動揺したのか、3球続けてボール球でカウント0-3。


 流石にカウント0-3では、1球様子を見ろということで、見逃しのサインが出ます。ここでストライクを取られ、カウント1-3。

次はバントのサインが出ると思ったのですが

見逃しのサイン。


 当然サインに従うとまたもやストライクでフルカウント。

 フルカウントから、バントのサインは出ないだろう・・・と思っていました。

が、出てしまいました。

バントのサイン。


 バントなど殆どやった事が無い野球経験の薄い私にこの状態でバントのサインが出るとは思いもしませんでした・・・。


 バント失敗が怖いので、ボール球を投げてくれ・・・と思ったのですが、こう言う時に限ってストライク球。

何とかバントを決めるとセカンド前へ。
もちろん、内野安打を狙って鈍足を飛ばします。


ベースに近づいてくると・・・
何とファーストの足がベースから離れていました。

出塁出来るぞ!

 タイミングは微妙でしたが、
(ファーストの足が離れているのでセーフだろう。)
と思い、駆け抜けると

「アウト!!」


Σ( ̄□ ̄;)!?


「ちょ、ファーストの足が離れていましたって!」
と講義する私。が、

「タイミングは微妙だったが、アウトっぽい。」
と譲りません。



(っぽいって、何ですか!)と思いつつ、まぁ、犠打なら・・・としぶしぶベンチに戻りました。
その回に1点を加え、回が終わったあとに、再び聞きに行くと(審判は自チームのメンバーがやっていたので・・・。)・・・


「ああ、実は良く見てなかったんだよね。」

OTL
審判がちゃんと見てないってどう言う事ですか・・・と怒りを通り越して呆れつつ、気持ちを切り替えないと・・・と守備に向かいました。


 2回目の打席は4-3で勝っている次の回に回ってきました。しかも・・・、

二死満塁。


 これは投手を楽にする為に一本打っとかないと!と打席へ向かいます。

相手の投手は疲れているようでしたが、簡単にツーストライクに追い込まれてしまいます

が、カットをしつつボールを良く見て、カウント2-3。



 投手が9球目を投げます。


「ストレート、だが低い。

これはフォアボールだ。」

 と自信満々で見送って一塁へ走り出す私。


「ストライク!バッターアウト!!」


Σ( ̄□ ̄;)!?(二度目


 ベースよりは後ろでしたが、
キャッチャーの手前でワンバウンドした、


それもフォークやカーブのように

落ちる変化球でもないのにストライク!?


不満を主審をやる先輩にぶつける私。

すると、
「悪い・・・。
相手キャッチャーに釣られて言っちまった・・・。


あれはボールだな・・・。」

と誤審を認めたものの、

「相手チームがベンチに引き上げてる事だし、勘弁してくれ・・・。」

と一言。


OTL


アハハ・・・。

1安打or1犠打失策で出塁&1四球が、
1犠打1三振になってしまいましたよ・・・。


出塁率0割・・・。orz



審判を信じられなくなって、誰を信じて野球をやれば良いんですか・・・。

プロ野球界で気になること。

 いよいよ文化祭の準備が始まったものの、周りの友人が話してばっかりで、ほぼ1人で作業していたカンスイです。

 最近プロ野球界で気になる事が二つあります。
 一つは、我がヤクルトスワローズの監督が、若松監督から古田監督に替わった事です。
 もちろん、替わった事も気になりますが、それ以上に気になるのは、この古田監督が行うという

「F-PROJECT」


です。頭文字の「F」、「Fan(ファン)」「Fun(面白い)」「Full(沢山、満タン)」「Furuta(古田)」等の頭文字をとったものだそうです。

 つまりは、


「神宮球場がお客さんで一杯にして、
野球を楽しんでもらえるようにする。」


という事らしいです。

ヤクルトは最近観客動員数が減ってるとの事なので、来年の「F-PROJECT」に大いに期待したいと思います。


もちろん、

観客増だけでなく、ヤクルトスワローズが優勝できるよう、

戦力や起用法の方も頑張ってください!

古田監督!!




 さて、続いて気になる二つ目は、

二段モーションの禁止

と言う奴です。

 今行われているのはプロ野球だけですが、野球をやっていて、しかも投手をやっている私としては行く末が非常に気になります。
 最近は、各球団の主力投手が反発したり、審判団の中でも色々ともめているようで、どうなることか・・・と思います。



 気が早いですが、

来年のプロ野球はどうなることでしょうかっ!!



明日は野球の試合なので、頑張ってこようと思います。

2回炎上8失点。

「デッドボール!!」
「先輩、す、すみません。」






「ボール!ボールスリー!カウント2-3!」

「ピッチャー力抜いて!」
「入れてけ、入れてけ!ボールばかりじゃ始まらないぞ!」

「あー、次は入れます・・・。」

「ボール!フォアボール!!押し出し!」






「ボール!カウント1-3!」
「ピッチャー打たせていこう!」
「出来れば、打たせます・・・。」

カキーン!!

「バックホーム!バックホーム!!」
「中継しっかりー!!」





「満塁だがツーアウト!近い所でOKよー!!」

ガキッ!

「ショート!大事に一つ(ファースト)でいいよ!」
「暴投かよ!サード!ランナー行ったぞ!!」





 上記は今日の野球の時、私が登板した6回の事です。

今日は、5回2-0で負けている所から登板したのですが、ボロボロでした。
5回こそ一つのデッドボールと1本の安打以外はしっかりと抑えました。

が、問題は上記にあったように魔の6回。最初のバッターはキャッチャーフライ。簡単にワンナウトを取りましたが、次のバッターは冒頭にあるようにデッドボール。


この後、一つフォアボールを出してしまい、1アウト1,2塁。
次のバッターへ2-3からの第6球目。

ボールはは球威に押されてふらふらとセカンドの後方へ。

これがポテンヒットとなり、1アウト満塁。
この後、2番目にあったように押し出しを2回してしまい、2点を奪われます。


ここからが、運が非常に悪かったです。

続く7番、8番に立て続けに、球威で押したはずの打球がセカンドとライトの前に狙ったように落ちるポテンヒット。
これで4点目を奪われます。


9番のバッターは、当たれば大きいものの、殆ど打っている所を見たこと無いと言うくらい打率の低いボクシング部にも所属するパワーのある先輩。

その5球目でした。甘く入ったストレートを痛打され、
3点を取られるタイムリースリーベース。

本当に、投げているこちらがすっきりするくらい、レフトオーバーの大きい当たりでした。勢いを殺された打球がふらふらとポテンヒットになるくらいなら、これくらい飛ばされた方が全然すっきりします。


 そして、その後セカンドのお手玉と、
サードのゲッツー狙いのフィールダースチョイスで

再びツーアウト満塁。

 3番バッターはこの日二つ目の三振に切って取ります。


 そして、迎えた4番。パワーも打率もある先輩。

 これも2-3から二球粘られ、フォアボール覚悟で投げた7球目インコースのシュートを見事に詰まり、ショートゴロ。
 ショートはチーム内で一番上手いといわれる先輩なので、ようやく、この状態から開放される・・・と思いきや、その名手の先輩が大暴投。

 これで、8点目を奪われます。



 そして、もう何人目かわからない次のバッターをピッチャーフライに打ちとって魔の6回を終了。
9-0とゲームを決定付けてしまいました・・・。


 最初のデッドボールから、1アウト1,2塁までは、完全に腕が縮こまってしまっていたのが、自分でも分かりました。が、それ以降は立ち直ったつもりでした。
 が、球威で押してふらふらと上がった打球がポテンヒットになり、スリーベースを打たれ、エラー、フィールダースチョイス、エラーと重なり、今までの投手経験の中で一番つらいイニングとなりました。



 次回の登板ではこうならないように、しっかりと練習しておこうと思います・・・。
もう、こんな思いはこりごりなので・・・。



 さて、長々と失敗談を描きましたが、今日は珍しく(?)絵板を使って、さらにケモノでは無い絵を描いたので、アップロード。
201系電車

多分、全国で最も有名と思われる、中央線のオレンジ色の電車、201系です。
個人的には、小さい頃の住居がこの中央線沿線だったため、非常に思いいれの強いこのオレンジ色の電車ですが、来年辺りから新型車両が投入されるため、引退するようです。そう思うと、寂しくなります・・・。

 それにしても、最初は電車系の絵板で描こうと思ったのですが、探してもなかなかありません。写真投稿板はあっても、絵板は本当に見つかりませんでした。
そこで、自分の練習掲示板に。

直線ばかりなので、さぞかし楽だろう・・・と思っていたのですが、描き始めると大間違いなのに気付かされました。
直線ツールを使うとカッチリと仕上がるのですが、何だか手書きっぽくない。そこで、今回は手書きだけで仕上げる事にしたのですが、物凄く難しいんです。

何が難しいかと言いますと、
直線を引くのが非常に難しいのです。

マウスでしっかりとした直線を引くのが、ここまで難しいとは思いもしませんでした。
良い経験になりました。



長々とここまで、読んで下さった方々、お疲れ様でした。

ケモ絵も結構書いているんですが、サーバーのアップロード用パスワードを無くしてしまって・・・。(駄

阪神優勝おめでとう!

 阪神優勝おめでとうございます。

 私はヤクルトファンですが、今年の阪神の優勝は素直におめでとうと言わせてもらいます。

 我がヤクルトもほんの短い間、首位を走っていましたが、やはり阪神の強さは別格だったように思えます。

 エースの井川投手はやや不調だったようですが、それでもしっかりと活躍して、現在13勝。ベテラン下柳投手は14勝。他にも、福原投手、安藤投手ら先発陣が比較的安定した成績を残していました。

 そしてフル稼働した藤川投手。現時点で既に79試合も登板しており、その活躍は凄い物があります。まさにタフネスです。

 抑えの久保田投手も期待通り、いやそれ以上の活躍でした。


 打撃陣もアニキ・金本選手を主軸として、打点王確実の今岡選手、シーツ選手で組まれたクリーンナップ。そして忘れてはいけないのは、今年も盗塁王をとるだろう赤星選手。

 どこかの四番ばかり並べたチームと違って、一番が出塁し、足でかき回し、クリーンナップで返すと言う"野球"が出来ていたと思います。

 後は、主力選手に大きな怪我をした人が居なかったのも優勝の原因の一つではないでしょうか。他のチームがうらやむ選手の鉄人ぶりですね。

 このままだと来年も優勝出来そうな勢いですが、来年こそは、急成長した青木選手を中心にしたヤクルトスワローズが優勝してくれる・・・ハズです。いや、阪神を破って優勝します!


何はともあれ、
阪神タイガース優勝おめでとうございます!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。