カンスイの雑記

ここは、カンスイが日々の雑記を気ままに綴り、時折ポケモン話や自分で描いたイラストを公開するマイペースなブログです。 イラストの方はポケモン獣人(ポケ獣)、ドラゴン、ポケモン等キャラクター系が中心です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうやって泳ぐ?

 さて勉強をしていると飼っているカエルが水の上で泳いでいるのを見つけてふと疑問が浮かんだカンスイです。
その疑問とは・・・


 ドラゴンって、一体どうやって泳ぐんでしょうか?


 人型に近い体型のドラゴンは、やっぱり人間のようにクロールや平泳ぎ、さらにはバタフライや背泳ぎなどをするのでしょうか?

それとも、トカゲやイモリのように尻尾を振って泳ぐのでしょうか?

 割合細長いタイプの竜なら、ヘビのように、尻尾を振るというよりは、体全身をくねらせて泳ぐのかもしれません。

 あとは、後足の発達しているドラゴンが多いようですし、カエルのように後足で水を蹴って泳ぐのかもしれません。

 お腹の大きい二足歩行タイプのドラゴンだと、実際のティラノサウルスタイプの恐竜は泳げなかったとされるように(これについては泳げるという説もある)、泳げないのでしょうか?

 翼のあるタイプのドラゴンだと、翼が抵抗になって泳ぎにくそうな感じが・・・。それとも、ペンギンのように翼を動かして水中を飛ぶように泳げたり・・・?

 ・・・等と色々と想像してみたりしてます。


 なお、カンスイ竜は人型に近いですが、泳ぎ方はトカゲやイモリに近いタイプです。人型に近いのでクロール等をさせても良さそうですが、逆関節足だとバタ足がやりにくそうな気が・・・。
 後は一応水属性と言うことで、昔から泳ぎ易いよう、尻尾が円筒形ではなく、扁平だと言う設定もつけてありましたしね。



 ケモノなら、殆どは人型のクロールや平泳ぎタイプか、または犬掻きタイプのどちらかになると思うので、あまり想像する楽しみは無いのですが・・・。
スポンサーサイト

今年の夏は・・・

 とても忙しくなりそうです。と言うより、帰省しても殆ど家に居ない夏休みになりそうです。まだ完全に決まった訳ではないですが、今週帰ると翌日には友達とお祭りへ。

 その翌日から今度は岡山→博多方面への魚釣り旅行。この旅行は青春18切符を利用した2泊3日旅行。最近していなかった魚釣りを思う存分楽しんでこようと思います。

 そして、帰宅した次の日9日からは新潟へ旅行。こちらは旅行と言うよりは、単身赴任した父親の所へ家族全員で出かけるという物。3泊4日と言う長い日程・・・なのですが、全部出ているとコミケの二日目に友人の売り子が出来なくなってしまう上、三日目にも出てなくなってしまうので、11日に一足先に戻ってきます。

 そして、11日は小説を書いている友人の同人誌の売り子役。売り子なんてやった事が無い上に、お金勘定にあまり強くないのでしっかりやっていけるか心配です・・・。
 12日もコミケですが、同人誌目当てではなく誰かと会いに行くという、なんとも変な目的。今度は午前中から参加しようかな?と考えていますが、11日の人次第では終わる頃から参加しようと思います。暑い所と人の多い所はダメなので・・・。

 そして、12日の夜から今度は夜行のムーンライトえちごを使い、東京→新潟→青森へ。13日に急行はまなす号で、札幌へ。そのまま札幌で3日間過ごし、17日に東京へ戻ってきます。

 18日は一日何も無いのですが、翌19日から22日まで今度は鹿島にて、水圏環境生態学の現地実習。


 23日から先は特に何も決まっていませんし、上記はあくまで予定なのでこれから若干変わるかもしれません。
 いずれにせよ、帰省しても殆ど家に居ないという状況になりそうです。(苦笑)

トシですなぁ。

 微積のテストが壊滅的な点数っぽく、勉強をあまりしなかった事を今更悔やんでいるカンスイです。中間の点数が80点台とかなり良かったので、これは多少サボっても単位がもらえるだろう・・・と勉強を殆どしなかったのが悪かったです・・・。

 多分、取れて30点くらいというとんでもない失態です・・。


 細胞学の方は勉強しなくても70点は堅いのに・・・!
 理系なのに、生物・地学以外が全くダメな自分が・・・。orz



 さて、本日、昨日切れなかった散髪へ行ってきました。
 平日の午後だからさぞかし空いているだろう(午前はテスト)・・・と思ったら、結構人が並んでいました。
しかも、小学生や中学生くらいの子供が・・・!そうでした。世間一般にはもう夏休みなんですよね・・・。

 さて、30分くらい待つと私の番。
 髪の毛が堅い為に苦労する床屋さん。切られているうちに床屋さんが一言。


「学生はいいねぇ。もう夏休みで。毎日暇だろう?」


「いやぁ、それがまだなんですよ。今週一杯がテスト週間で、補講があると来週末まで授業があるんです・・・。」
と私は返しました。


「・・・。(マズい!高校生じゃなくて大学生だった!)」
「・・・。(もしかして、実年齢より3年くらい若く見られてる?)」


 そんなこんなで、最後まで微妙にぎこちない会話のまま散髪を終えました。


 さて、実は去年もほぼ同じ時期に散髪し(別の床屋ですが。)、同じ質問をされました。所が、去年は私の反応が真逆で、(大学生なのに、間違えられるなんて!なんて事だ!)と憤ったものでした。
 それが、今年は(もしかして、若く見られている!?)と思ってしまうなんて・・・。言われた当初は嬉しかったのですが、自転車で帰る途中に思い返すと、何だかとても虚しく感じました。


 う~む、人間、歳はとりたくないものですなぁ。(誰

梅雨明け!

 ここ最近、雨の日やどんよりとした曇りの日が少なく、太陽の出る日が増えたな~。と思っていたら東北地方を除いて梅雨明け宣言が出ていたようです。

 もう8月前なので随分と遅いような気もしますが、プラス思考に捉えて、その分猛暑の時期が短いと思いましょう。・・・このまま暑さが後ろになだれ込んで、10月でもまだ真夏日・・・等と言う状態にならない事を祈ります。


 そんな晴れた今日の午前中。散髪に行こうと、近所の1000円ヘアカットへと向かったのですが・・・何と閉店してました・・・。去年の夏に行ったときは大丈夫だったのに・・・!
 仕方が無いので、自転車で1時間くらいかかるショッピングセンター内の1000円ヘアカットへ行こうと自転車を走らせ始めたのですが・・・


 風が強い!


 向かい風が強く、スピードが出せないので諦めました。
 切っていない私の髪は、ただでさえボサボサなのに折からの強風に煽られてとんでもない状態に・・・!
 早く切らないといけませんね。


 梅雨も明けましたし、今年の夏を楽しみましょう~!!

停電騒ぎ

 今日の午前中は野球の練習試合に出てきたカンスイです。今回の相手は、毎年この地区のトーナメントで優勝争いに加わる強いチーム。流石に、この強敵相手&大学院試験でいなかった先輩の何名かが戻ってきたという状態に1番中堅手での出場はなりませんでしたが、7番中堅手での出場。

 やっぱり優勝争いをするチームとなると投手力も凄く、ほのぼのオジさん達の集まるチームとはえらい違いです。ボールが早い上に、変化球も凄い。さらに守備もよく、普通の草野球レベルなら内野安打になるボテボテのサードゴロも間一髪アウト。

 終わってみれば2-1で勝ちましたが、私自身の成績は3打席1安打1三振。何とか1安打(ポテンヒットでしたが。)出来た事と、守備でエラーしなかった事が褒められる点でしょうか。他は・・・orzです。


 さて、今から3時間ほど遡った、今日の20時ごろ。停電騒ぎがありました。私は丁度、ご飯が炊けるのをPCで音楽を聞きながら待っていたのですが、急に部屋の電気がプツンと切れ、真っ暗に。
 最初はブレーカーが落ちたのかな・・・?と思ったのですが、どうやら廊下も他の部屋も真っ暗。部屋単位で起こった訳ではなさそうでした。

 真っ暗な中、手探りで階段付近まで行ってみましたが、上の階も下の階も電気がついておらず、フロア単位で停電している訳でもなさそうです。多分そのうち直るだろう・・・とまた手探りで部屋に戻り(途中でゴミ箱をひっくり返しました・・・。orz)、ベッドにゴロン。

 普段何かしら電気がついている環境に居るので、こういう真っ暗な状態は何だか新鮮です。空が曇っていて月明かりこそ出ていませんでしたが、目がさえてくると何となく分かるようになりました。そのまま、しばらくボーッとしていたのですが、直る気配が無く、心配になってきました。他の人達も気になったのか、廊下がざわざわし始めています。


 とりあえず、携帯電話をフラッシュ状態にして、そのまま1階の寮の電気やボイラーなどの制御室へ。既に別の階の人が到着しており、制御室内で何かやっています。話を聞いてみた所、寮全体のブレーカーをオンオフしても全く変化が無く、お手上げ状態とのこと。これは明日まで真っ暗なままか・・・!と思いました。

 ふと、ブレーカーの隣に漏電検知器なるものがあるのを発見。何だか黄色い丸いボタンが盛り上がっています。傍にあった説明書きをみてみると、漏電を感知するとボタンが盛り上がり通電が止まる仕組みらしい。ボタンを押し込んでみると、一瞬電気がつきましたが、またすぐに真っ暗に。


 ・・・どうやら漏電箇所を隔離しないといけないようです・・・。と言う事で、色々といじってみたのですが、いじっているうちに点きました。どうやら外灯のどこかで漏電が発生していたようで・・・。

 とりあえず、真っ暗なまま夜を過ごすことは避けられたようです。
 でも、このご時世に長時間真っ暗な時間を経験するのは珍しい事かな?と思いました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。